08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 暖房トラブル | top | キャンディ >>
Debit Card
アメリカで銀行口座を開くとキャッシュカードがもらえますが、これには「Debit」という機能が付いてきます。

買い物で支払いの際、このキャッシュカードを出すと現金がなくても購入できます。クレジットカードと異なり、支払った分は即座に口座から引き落とされます。

先日体調を崩したチェレのドッグフードを買いに、お世話になった病院に行ったときのこと。会計の際、Debitで支払ったのですが、向こうの手違いで誤った金額が入力され決済されてしまったとのこと。キャンセルする必要があったのですが、会計の際入力する暗証番号を入れてしまった後だと訂正が面倒らしく、そこでスタッフ同士がいろいろ試していたのですが、とりあえず「いくら間違ったの?」と聞くと


10セント(14円ほど)


とのこと。あ、それならいいですよ、とその場を後にしました。

次の日、車の洗車に行ったのですが、そこでもキャッシュカードで支払いました。すると、どうやら同じ金額を2回引き落としてしまったとのこと。今訂正するからちょっと待ってて、と言われたのですが、ほんの数十秒ほどで手続き完了。2回引き落とされた分の1回をキャンセルしてくれました。

はて?この違いはなんなんでしょう?

どうやら、動物病院の例では支払いの際暗証番号を入力するのですが、その際決済処理が行われてしまい面倒なことになりましたが、洗車の場合は暗証番号ではなく、クレジットカードのようにサインでした。そのためでしょうか。。。

確かにあるお店では暗証番号を求められ、別の店ではサインを求められます。クレジットカードではないので、双方の場合でも即座に口座から引き落とされます。ん〜謎です。
neotommy | 生活一般 | 22:30 | comments(0) | - | - | - |
Comment