08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< チェレ倒れる | top | チェレ帰宅 >>
チェレのお見舞い
午前11時半から面会が可能、ということで、MSPCA Angell動物病院にチェレの面会に向かいました。

受付で面会のサインをすると、すぐにスタッフが案内をしてくれました。通された一つの部屋は、スタッフが常駐している病室で、一つ一つの大きな檻の中に動物が入っています。チェレもその中の一つに入っていました。

後ろ脚にテープで固定された点滴が痛々しく、それでも私たちを見るやいなや、檻に首がすぽっ!とはまってしまうのではないかと思うほど顔を押しつけているのを見ると、とても切ない気持ちになりました。

面会時間中は檻から出して一緒にいられるということで、早速チェレを檻から取り出し、束の間の再会を果たしました。

チェレの他にも大型犬・小型犬・ネコなどが収容されていて、不安そうに鳴く犬もいれば、おとなしくじーっと我慢しているネコもいます。

面会時間も終わりに近づいた頃、昨日担当してくれたKremer Macabell先生が来て、チェレの検査状況・容態を事細かに報告してくれました。

残念ながら、更なる検査があるため、日曜か月曜まで入院が必要とのことでした。しかし、先生から、○○の病気の可能性があるからこの検査を、それが違ければ××の病気の可能性があって、この処置を、としっかり手順立てて治療方針を示してくれたので、安心でした。

明日、チェレを連れて帰れば良いのですが。。。

neotommy | ペット | 22:25 | comments(0) | - | - | - |
Comment