06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< シラバス | top | チェレのお見舞い >>
チェレ倒れる
いつも無駄に元気だったチェレが、今日大学から戻るとどうもぐったりしている。

妻の情報によると、散歩から帰ってきたとたん、いきなり元気が無くなったとのこと。実はこの症状、アメリカに来てから3回目で、前の2回の時はすぐに病院へ連れて行ったのですが、どうも原因が分からず、点滴をしてもらい、しばらくすると元気になりました。

そんなこともあって、今回も少ししたら元気になるかな、と思っていたら、深夜になって嘔吐・下痢を繰り返し(しかも自分でトイレに行けないほど衰弱している)たため、これはまずいぞ!と思い、次の日朝一番で近所の病院に行ってきました。

その動物病院は、なぜか外にいても臭い。中にはいるともっと臭い。いや、動物の臭いなんですけど、鼻をつくにおいが充満している。。。

受付で事情を話し、早速お医者さんに診てもらったのですがどうも原因が分からない。あぁ、また前と一緒か。。。と思っていたところ、

「腸炎の可能性があるからMSPCA Angellに今すぐ行くと良い」

と言われました。家からもそう遠くない所なのですが、早速行ってみるとスゴイ!何がスゴイって、建物が人間が行くような立派な建物じゃありませんか!



病院

依然ぐったりとしたチェレを連れて、なんとも綺麗な受付で事情を説明すると、予約がないためEmergency扱いとなり、必要事項を記入して待合室で待っていると、程なくして動物のお医者様登場。

Cremer Mecabell先生とおっしゃるその先生は、チェレを処置室に連れて行くと、私たちから事の次第を細かに聞き始め、メモを取り、可能性のある病気の説明をし、それに対してどのような治療が必要かをじっくり解説してくれました。そのためもあってか、私たちも慣れない医学用語に困惑することなく、とても安心することが出来ました。

このヒアリングのあと、やはり検査が必要ということで、チェレはこの病院に入院することになりました。

面会時間は午前11時半から12時半と午後6時から7時の2回(ホント人間の病院のよう・・・)ということで、とりあえず明日の午前中にチェレの様子を見に行くことにしました。

neotommy | ペット | 00:10 | comments(0) | - | - | - |
Comment