09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 試験 | top | 睡眠サイクル >>
Zipcar
昨日の会計学の試験もなんとかこなし、ようやっと待ちに待った週末です。毎日忙しいせいか、すでに1ヶ月くらいたった感じがしますが、まだMBAのプログラムが始まって2週間です。

さて、今日はCambridgeというエリアにあるPorter Exchangeというショッピングモールに行ってきました。ここには小さいですが日本食スーパーがあって、大きな買い出しをするので車が必要、ということで、今回Zipcarなるサービスを利用しました。

このサービスは一種のレンタカーなのですが、営業所などはなくて、車だけがポツンと駐車されています。メンバーになるとカードが送られてきて、あらかじめオンラインで最寄りの車(近くの車を検索できます)を予約しておき、予約日時になったらカードを持って駐車されている車に行きます。乗車の際はフロントガラスについているセンサーにカードをかざすと扉が開く(イグニッションキーは車内につながっています)ので、あとは目的地へGO!

我が家から徒歩1分のところに1台、2分くらい歩いたところにもう2台、とボストンエリアにはかなりの台数が駐車されています。

このZipcarの良いところは、

 1.車が空いていれば1時間でも3時間でも自分の好きな時間を設定できる。
 2.営業所などに行く必要が無く、面倒な手続きもいらない。
 3.料金にはガソリン代・保険料も入っていて、車種にもよりますが、小型セダンなら1時間約10ドルとお得

これなら、車を持っていない人も、必要なときに必要なだけ利用すればいいので、コストをぐっと抑えられます。でも、週末は予約が集中して好きな時間に予約できないこともあるので注意が必要です。

さて、実際の運転ですが、日本では通常左側通行、イギリスにいたときも日本と同じルールだったので楽だったのですが、アメリカは右側通行ということで、左折・右折も日本でのそれとは異なります。日本の運転ルールで思いっきり左(右)折しようものなら、対向車と見事なチキンレースが成立します。

最初は左ハンドル右側通行に戸惑っていたものの、ボストンは比較的道がシンプルなので10分ほど走っているとだいぶ慣れてきました。ただ注意が必要なのは、赤信号でも右折ができる場合がある、ということ。「No Turn on Red(だったけな?)」のサインがあるときは赤信号で止まらなくてはなりませんが、サインがない場合は左から来る車に注意しながら右折をしても大丈夫です。さらに、時々信号が壊れていて点灯しなかったり、警察の手信号だったりするので、日本ではあまり経験できないイベントも発生するので、あまりのほほんともしていられません。

そんなわけで、初めてのドライブは快調で、大量の日用品もゲットでき、めでたしめでたしです。
neotommy | 街で見たもの | 05:30 | comments(0) | - | - | - |
Comment