07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
台湾料理
先日、International Cultural Festivalでのプレゼンで最優秀賞を頂き、その時の賞品が

台湾レストラン $25分のバウチャー
マレーシア料理 $25分のバウチャー

併せて$50分のバウチャーでした。現在ビジネススクール内に日本人が私一人であるがために、賞品独り占めという有難い結果となりました。もちろん、だからといって一人でガッチリ25ドル分食べる訳にもいかず、今日のお昼に妻とご近所の夫婦を誘って行って参りました。

場所はハーバード大学にほど近いケンブリッジストリート沿いのWesteriaというお店。クラスメートの台湾人曰く「とてもおいしい」とのことでした。

ご近所の夫婦とは現地で待ち合わせ。お店にはいると先に到着されていました。日曜日のお昼とあってか、めぼしきお客は我々のみ。トータルテンボス風に言えば、「すぅっくね!はんっっぱなくすぅくね!」といった感じであります(ご存じでなければいいです、はい)。

さて、本日の支払いの要となるバウチャーをぎゅっ!と握りしめながら、メニューを睨みます。。。が、基本台湾料理を全く知らない私達にとって、典型的台湾料理がどれなのかさっぱり。フランス料理店を訪れて焼きうどんを頼むようなことはしたくない我々にとって(意味不明)、頼みの綱は店員さん!ということで色々聞いてみると、とても対応が良く、色々お勧めを教えてもらい、数品頼んでシェアすることにしました。

1品目: 台湾風焼きそば
2品目: 空芯菜の炒め物
3品目: アスパラとエビの炒め物
4品目: 鶏肉の唐揚げバジル風味

何と言いますか、中華料理にあるような濃い味ではなく、割と薄味の日本の味付けに似ております。その分飽きが来なくていいですね。食後は台湾名物(ということを初めて知った)タピオカ入り紅茶を飲みました。以上4品でしたが、4人でお腹いっぱいになりました。

さて、次回はマレーシア料理にチャレンジです!
neotommy | 食べ物 | 23:55 | comments(0) | - | - | - |
エスプレッソ
日本に一時帰国していた妻がボストンに戻ったのですが、その際いろいろお土産を買ってきてくれました。その中の一つに、私が前々から興味のあったエスプレッソポットがありました。


これ。イタリアのguzziniというブランド。


まずグラインダーで豆を挽きます。


ポットの上下を取り外して、下の部分に水を注ぎます。


そのあとキャップを付けて、


挽いた豆を入れます。



上の部分と合体させて、そのまま火にかけます。

水が沸騰すると、お湯はコーヒー豆を通って、上の部分のスペースに貯まります。全てお湯が移動したらできあがり。

飲んでみるとこれが美味い!
大変嬉しいお土産をもらいました。
neotommy | 食べ物 | 18:44 | comments(1) | - | - | - |
サンドイッチ
イギリスのサンドイッチ伯爵がトランプの合間に気軽に食べれるものとして発明したのが始まりと言われているこのサンドイッチ。もちろんトランプをしていなくても食べてOKです。

で、今朝サンドイッチを作ろうと、食パンを焼き、バターを塗って、マヨネーズとマスタードを塗って、レタス、きゅうりを乗せて、最後にハムを挟んで出来上がり!いっただきまーーす!





う゛ぅぇ!!






変な味がする!。。。どうやら先日買ったハムが腐っていた模様。食べる前に気づけよ、という感じですが、私は時折腐ったものを食べてしまったり飲んでしまったりすることがあります。

あぁ、のど渇いた〜、と牛乳を一気に飲み干した後変な味に気づいたり(ほら、一気飲みするときって鼻から息しないから味がよく分からないじゃない?)、痛んだご飯を若干酸っぱいまま「これが仕様なんじゃね?」と食べてしまったりするわけです。

そんなこともあってか、食べ物が痛んでいるかよく分からない時に、大抵妻は私に聞いてきます(というか臭いを嗅いだり食べて確認したりする)。

しかし今日のハムは強烈でした。スッパ苦いというかなんというか。あぁ、サンドイッチもったいない。。。
neotommy | 食べ物 | 21:09 | comments(0) | - | - | - |
キャンディ
先日ボランティアで働いていたときに飴をもらいました。ひとつひとつ袋に入っている飴で、ドーナッツのようにわっかになっているものです。何気なくひとつもらったとき、ある異変に気づきました。

これ。



封を切っていない状態で、すでに半分無くなっています。。。製造の過程で割れて落っこちてしまったのか分かりませんが、なんだか貴重なので今でも封を開けずに保管しております。
neotommy | 食べ物 | 23:57 | comments(0) | - | - | - |
ケララカレー
「ためしてガッテン!」に非常に影響を受けやすいHirozawです。以前は「おいしい麻婆豆腐の作り方」に感化され、実際に作ってみたところ、まさにガッテン。(゚Д゚)ウマーでした。

ためしてガッテン!とは別になりますが、日本から持ち帰ったS&Bの「ケララカレーのもと」でカレーを作ってみました。妻の「ケララって何のこと?」という質問に、「ケララな人をケララーという」と答え、非常に痛い視線を受けました(ケララカレーについてはこちら)。



このカレーの素にはルー・スパイスが入っていて、材料が揃いさえすれば本格的なケララカレーがいただける、という優れもの。

早速作業にとりかかるべく、マニュアル参照。

1.鶏肉を強火で炒めます
2.タマネギ・ニンニクをみじん切りにします
3.ニンジン・生姜をすり下ろし、リンゴをみじん切りにします。
4.タマネギ・ニンニクを20分炒めます

タマネギのみじん切りの時点であまりの痛さに号泣させられ、もんどり打ってそのままペットのチェレとじゃれ合い始めたというグデグデ振りに加え、20分も弱火で炒めるとな!

さらに20分後もニンジン・生姜・リンゴを加え10分炒める。

道のりは長い。

何とか30分の弱火炒めコースを修了・卒業したところで、鍋に鶏肉と共に移し、750ccの水を加え、スパイス投入。コトコト煮ること20分。

その後ルーを加えてできあがり。

蓋を開ければ何とも独特なカレーの臭い!これは美味いに違いない!

しかしこのカレーは明日の夕飯用なのです。しかもその後妻の友人から頂いたお裾分けが何とカレー。しかも本場スリランカの方から。

ゴレンジャーのイエローのごとく、しばらくカレーの日が続きそうです。
neotommy | 食べ物 | 18:07 | comments(0) | - | - | - |
四季
どうやら我が家の近所のCoolidge Cornerに新しく「四季」という日本料理屋さんが出来たらしい。

なにぃぃ!ヤマさん(誰?)出動だ!と山積みの課題を机から落ちるくらいぐいぃぃっ!と押しやり早速妻と行ってみることに。

何しろ久々の日本料理屋さん、ワクワクします。地下1階のお店で、7時前に入店。10テーブルほどのスペースには4組ほどのお客さんが。店内はとても綺麗でこぢんまりとしています。

メニューを見てみると、まぁ豊富な品揃え!居酒屋風メニューから定食風メニューまで、幅広くカバーされております。更に目を見張ったのは、日本酒の種類の多さ。ざっと見た感じでも30〜40種類ほどあります。

さすがにいきなり全種類を網羅することは出来ないわけで、くっ!と下唇を噛んだその時、日本酒のメニューになにやら「利き酒セット」なるものが!4種類の冷酒を試せるらしいのですが、内1種は自分の好きなものを注文できます。

今回はこの「利き酒セット」に加え

 四季サラダ
 イカのお刺身
 カキの唐揚げ
 とんかつ
 ホタテをサーモンでくるんだ何か(名前が思い出せないのです)
 ごはん

をオーダーしました。
正直な感想を申し上げますと、これは非常にオーセンティックな日本食であります。「おぉ〜日本の味だ〜」と感心いたしました。次の日何も無ければ是非ともゆっくりとお酒と料理を堪能したかった。。。(ランチタイムは小懐石もやっているそうです)。


ワサビ>シャリな寿司だったり、妙なデコレーションが施されている日本料理など、基本的に日本人が「これはないわ」と思う料理を提供するレストランが存在する中、この四季はとても重宝しそうです。ごちそうさまでした♪
neotommy | 食べ物 | 23:58 | comments(0) | - | - | - |
カップヌードル リフィル
インターンシップで夏に日本に滞在していたときのこと。滞在先の近所のスーパーで、日清カップヌードルのパッケージ商品を見つけました。なにやら専用のカップ(再利用可)を用いてリフィル(カップラーメンの具)を入れてお湯を注ぐとできあがり、という何とも画期的な商品であります。ホームページはこちら

こういうものにホントに弱い私は即決で購入。カップ(タンブラーみたいな容器)を買うとリフィルが一個付いてきます。リフィルだけ買うことも出来、ついでに5・6個買ってボストンまで持って帰って参りました。

昨夜、大学から帰ってきたのが遅くなった関係で、今日はカップラーメンにしようか、ということになり(どうでもいいことですが、我が家ではカップラーメンのことを略してカプーといっています)ついにこのリフィルの登場となったわけです。


ついに解き放たれるカプー!


全体像をもう一度


底には使い方が


どうやらオリジナルデザインのカップカバーが作れるそうです!これは次回試してみようと思います。


カップ。厚さが丁度タンブラーのようで、保温機能が備わっている模様(あたりまえか)。


リフィルと共に記念撮影


このリフィルを開けて、カップにグイィィッ!と押し込んで、お湯を注いで蓋を閉めます。

そして3分待てばできあがり。カップは洗えばずっと使えます。

何と画期的で地球にやさしいのでしょう!

しかし問題は、



ここボストンでこのリフィルをどこで買うか

。。。ケースで買ってくれば良かった。。。
neotommy | 食べ物 | 16:49 | comments(0) | - | - | - |
タパス うまス
久々に妻と共にボストンの中心地へ行きました。普段はBrookline, Coolidge corner, St.Mary's street界隈(全てボストン西エリア)をウロウロしている私たちにとって、本当に久しぶりのボストンダウンタウンでございます。

夕飯時、おいしいスペイン料理屋があるという事を聞きつけ(嗅ぎつけ?)、早速行ってみることに。

TapeoというNewburyにあるお店で、中は相当の混雑。受付でどれくらい待つかを聞いてみたところ何と1時間待ち!

けれどもこのレストランはバーも備わっていて、待っている間にお酒を飲んでいられるという私にとってはパラダイス。

ということで、サングリアを飲みながら妻とおしゃべりしていること1時間、ようやっと席に着くことができました。

タパスという小皿料理をいくつか頼みました。タコやらアスパラやらコロッケやらをつつきながらお酒も進みます。

よくよく考えると、日本の居酒屋みたいな感じ。小皿で来てみんなでつつく。あぁ、日本の居酒屋(特に生中!)が恋しくなってきました。

neotommy | 食べ物 | 23:55 | comments(0) | - | - | - |
久々に夕食を作ってみる


今日は久々に夕食を作ってみました。

まずは食材購入のため、近所のWhole Foodsというスーパーに向かいます。

1.とりあえずニンニク
2.日本のそれよりはるかに巨大なピーマン(これしか手に入らんのよ)
3.手間が省けて便利なタケノコの千切りの缶詰
4.なんていうんですか?いわゆる豚のテンダーロイン

これらを購入し作る物と言えば、そう!チンジャオロースでございやす。いやぁこれが大好きでして。

予め司令本部の妻からの打電にて、「テンダーロインは小一時間ほど冷凍庫に入れた後、すこし堅いうちに細切りにすべし!以上健闘を祈る!グッド」という情報をキャッチしていたので実行に移すべく、冷凍庫に投入し、体育座りで1時間待機。

頃合いを見計らって、ピーマンと豚肉を細切りにし、タケノコ缶詰の水を切り、ピーマンおよび生姜をみじん切りにします。

肉は醤油・酒・油・片栗粉で下味をつけ、それとは別にソースも作ります(醤油・酒・オイスターソース・鶏ガラスープのもと・それと個人的には豆板醤を入れるのが好き)。

ニンニク・生姜をかるーく炒め、野菜を投入!そしてレンジでちょっとチンした豚肉を入れ、最後にソースを絡めればできあがり!

味見してみたんですが、「中華料理店と同じ味がする」と自画自賛(うそ)。でもおいしかったです。
neotommy | 食べ物 | 23:30 | comments(0) | - | - | - |
日本食材


ボストンにはいくつか日本の食材が手に入るお店があります。その中で最もよく利用するのは寿屋という小さなスーパー。

寿屋
1815 Massachusetts Ave # 1
Cambridge, MA 02140
Redline Portar Square駅 徒歩2分


ハーバード大学近くのPortar Squareという所にPortar Exchangeというショッピングモールがあって、その中にあります。この寿屋というお店以外にも、モール内には日本料理屋さんや日本の伝統工芸品などのお店もあり、かなり日本を満喫できる場所となっています。ただ、ボストン市内から若干距離があるので、車がないとちょっと不便です。

さすがに日本で購入するより高くつきますが、基本的生活に必要な日本食材や調味料は全て揃います。夜食の友カップラーメンやお菓子、奥には美容品なども置いてあります。

なので、「あ〜!無性にアレが食べたいぞぅ!」と思った折には、寿屋で買ってくることができ、重宝します。
neotommy | 食べ物 | 22:41 | comments(0) | - | - | - |
1/2PAGES | >> |